外壁のチョーキング現象の原因と対策

チョーキング確認

チョーキング現象というのは、外壁の塗装が粉っぽくなる状態で、手で触るとチョークのように白い粉がついてしまいます。

白亜化現象とも呼ばれるチョーキングは、塗料の塗膜劣化の兆候となりますからメンテナンスを行う時期といえます。

建物の外壁は紫外線や風雨に毎日さらされていますから、新築の状態から日々劣化が進んでいます。一般的に塗装から5~10年ほどで塗膜が劣化してしまい、顔料が粉化してチョーキングが起こります。

チョーキング現象が起こってもそのまま放置してしまうと、外壁を守る力が減少し家の寿命も短くしてしまいます。

チョーキング現象が起きているということは、すでに外壁を保護しているはずの塗料が役割を果たせていない状態という事です。仕事の関係上、東京都の中央区に行くことが多いのですが、歩いているとチョーキング現象が発生しているせいか白ぼけて見えるお住まいもいくつも見かけます。見た目も悪くなりますので、例に挙げればチョーキング現象が見られた時点で東京都中央区が対応可能な塗装業者を選定し塗り直しを図りましょう。

 

外壁の劣化症状は日当たりなどによっても進捗度は異なります。日陰などではチョーキング現象が発生していない場合でも、日が当たる南側の壁にはチョーキング現象が発生している場合がありますから、気候条件の厳しい箇所から確認するとよいでしょう。

チョーキング現象の段階で外壁塗装を行えば、外壁材を傷つけることなく家の寿命を延ばすことができますから、そのまま放置せずにメンテナンスを行うことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です